新聞奨学生とは?

新聞奨学生とは?「新聞奨学生」とは、新聞社が主催する、学生支援を目的とした「奨学金制度」です。

学生は、朝刊や夕刊の新聞配達を通して、奨学金が利用できます。新聞社は学費や月々の給料のほか、一部の制度では住む場所(一部、寮の提供もある)や食事の提供もあります。

新聞奨学生の場合、卒業まで仕事に従事していれば、学費の返還義務はありません。新聞奨学生制度は「家計に負担のない奨学金制度」として、多くの学生が利用しています。

→ 詳しくは「新聞奨学金とは」を参照

新聞奨学会の詳しい内容を比べてみよう!
・朝日 ・毎日 ・読売 ・日経 ・産経 ・朝日大阪 ・産経大阪

新聞奨学生の種類について

次に、新聞奨学生には、どのような制度があるのか詳しく説明しましょう。新聞奨学生制度は大きく分けて、次の8種類があります。

朝日奨学会(朝日新聞の奨学生支援制度) 読売育英奨学会(読売新聞の奨学生支援制度) 毎日育英会(毎日新聞の奨学生支援制度) 日経育英奨学会(日本経済新聞の奨学生支援制度) 産経新聞奨学会(産経新聞の奨学生支援制度) ・ 東京新聞奨学会(東京新聞の奨学生支援制度) ・ 北海道新聞配達奨学生制度(北海道新聞の奨学生支援制度) ・ 中日奨学会(中日新聞の奨学生支援制度) ・ 西日本新聞奨学会(西日本新聞の奨学生支援制度)

新聞奨学生は、各新聞社の販売店に所属し、新聞配達を行うほか、集金業務や配達に付帯する作業を受け持ちます。新聞社によっては、朝刊のみの場合や夕刊だけで済むところもあります。

→「全国新聞奨学会一覧」はこちら

住居について

入寮制度のあるところでは、家賃の負担がなく、仕事と学業に専念できます。また、食費の提供がある場合、給料から天引きするところや、実費負担(月2万円から3万円程度)とするケースもあります。

給料はいくらもらえるのか?

給料はいくらもらえるのか?各新聞社や新聞奨学生制度によって、もらえる金額は異なります。また、請け負う仕事の内容や量によって、もらえる給料はそれぞれ変動します。

売り上げの多い販売店では、奨学のボーナスが支給されるケースもありますが、学費を負担してもらうため、専業スタッフより給料は少なめになっています。

一例ですが、朝日新聞の新聞奨学金制度では、月額15万円の給料のほかに、冷暖房完備の個室寮の無料提供、4週6休の休みがもらえます。

仕事の内容

仕事の内容新聞の折り込み広告の作業のほか、朝刊の配達、夕刊の配達、新聞料金の集金などを行います。仕事内容と働く時間帯は、各販売店や新聞奨学生の種類によって、大きく異なります。学業に専念したい学生は、作業時間の少ない新聞奨学生制度を利用しましょう。

また、十分な給与を得ながら通学したい学生は、勤務時間の多い奨学金制度が利用できます。学業と両立できるよう、バランスを考えながら従事してください。

学業が忙しい時期は、他の奨学金制度と併用することも(一部の制度で)可能です。

→「申し込み方法」はこちら
→「新聞奨学会のメリット」はこちら
→「新聞奨学会のパンフ請求」はこちら

▲このページの先頭へ