TOP > 奨学金の種類 > 稼ぐ「奨学金」 > 新聞奨学金 > 新聞奨学会のメリット

新聞奨学生の制度を利用すれば、卒業後の金銭的不安を抱えることがなく、誰もが安心して就職活動に専念できます。

また、学業と両立して給料がもらえる点も「家計の負担がない制度」として、高く評価されています。

新聞奨学金制度・最大のメリットは?

新聞奨学金制度・最大のメリットは?新聞奨学生の最大のメリットは、卒業後の「返済負担が無い」点がです。

多くの学生が利用する、貸与型の奨学金(日本学生支援機構の第二種奨学金など)は、奨学金制度という名前を持ちながら、利息のある「学生ローン」としての色合いが強いものです。

しかし、新聞奨学生の場合は原則「返済不要の奨学金が支給」されるので、学費の返済負担を抱える心配がありません。また、学費が「最低支給額」を下回る学校は、卒業時に差額がもらえるなど支援制度も整っています。

新聞奨学会の詳しい内容を比べてみよう!
・朝日 ・毎日 ・読売 ・日経 ・産経 ・朝日大阪 ・産経大阪

一人暮らしの費用も必要最低限で済む

一人暮らしの費用も必要最低限で済む親元を離れて進学する場合(アパートなど)部屋を借りる必要があり、食費や家賃を含めた「一人暮らしの費用」が余分に掛かってしまいます。

しかし、新聞奨学金制度を利用すれば、新聞社の寮が利用できるほか(新聞社によって異なる)毎月、一定額の給料も受けられるため、安定した生活が送れます。

中には、食事や冷暖房完備の個室を提供する新聞社もあります。

自分の時間が取れる奨学金制度も多い

自分の時間が取れる奨学金制度も多い新聞奨学生は「配達などのノルマがきつい」イメージもありますが、奨学金制度のタイプは多種多様です。中には、朝刊だけの制度や休暇の多いプラン、プライベートな時間を確保できる制度もたくさんあります。

さまざまな学部・学校で利用できる

大学や大学院だけでなく、新聞奨学金の制度は、専門学校や予備校、夜間学校や通信制大学の費用にも充てられます。学費の高い予備校や専門学校でも、条件を満たせば、給料をもらいながら学校に通えるのです。

どのような学部が適用を受けるのか、各新聞奨学金のパンフレットや公式サイトで確認してみてください。

▲このページの先頭へ