「新聞奨学生」は、働きながら学校に通える、便利な奨学金制度です。各界にも、過去新聞奨学生として通学していた、著名人や有名人がたくさんいます。

新聞奨学金ではどのように学費を受け、どのように返済するのか「新聞奨学生・制度の仕組み」について、詳しく説明しましょう。

産経新聞奨学会
産経新聞奨学会

新聞社主催の奨学金制度について

新聞社主催の奨学金制度について新聞奨学金の制度を最も速く導入したのは、読売新聞社です(2016年時点で52期目)。その後、さまざまな新聞社でも同様の奨学金制度が設けられました。

新聞奨学生は、新聞販売店の仕事に従事することで、新聞社の奨学金制度(授業料や施設費のサポート)を受け、進学できる仕組みです。

新聞奨学会の詳しい内容を比べてみよう!
・朝日 ・毎日 ・読売 ・日経 ・産経 ・朝日大阪 ・産経大阪

仕事の内容

新聞社によって条件は異なりますが、一日の平均労働時間は4時間半から6時間となっており、朝刊に従事する場合は朝2時頃に起床します。

販売所に出勤後、まずは販売所に届いた新聞を荷卸します。チラシの準備作業が終ったら、自転車やバイクを使って、ルート毎に新聞配達を行います。300部程の配達で、平均約2時間半から3時間掛かります。

配達が終わったら、朝食の後、各自学校へと向かいます。勤務形態によっては、学業の合間に集金を行ったり、夕刊の配達も受け持ちます。朝刊の仕事があるので、就寝時間は21時から22時になることが多いです。

生活のリズムについて

就寝時間が早くなるため、生活のリズムは規則正しくなります。その代わりに、遅くまで活動のあるサークルや部活動への参加は難しくなるでしょう。

休暇について

休暇について 休暇は、4週ごとに6休み(朝日新聞の場合)とするところや、4週4休(産経新聞奨学会)とするところなど、新聞社の制度によって異なります。また、労働基準法にしたがって、有給休暇は年10日程利用できます。

自宅から通勤する場合

住み込みではなく、自宅から通勤できる場合、所属する販売店までの「通勤費や通学費」が別途支給されます(注:各制度によって条件は異なる)。平均5,000円程度支給されていますが、超過する場合は「交通費を補助してくれる」新聞奨学金制度もあります。

学業と上手く両立するには?

学業と上手く両立するには?朝刊の配達に従事する場合、早寝早起きを続けていくのは、大変なことです。しかし、時間をきちんと管理すれば、経済的負担も無く、自分の好きな分野へと進学できます。

また、卒業まで仕事を続けることで、就職推薦書を受けられる他、就職活動のサポートも受けられます。

経済的な理由で進学を諦める前に、新聞奨学生のように、サポートの大きな奨学金制度を利用してみましょう。

▲このページの先頭へ