TOP > 奨学金とは? > 誰が利用できるの? > 医大・薬学部進学のための奨学金

医学部の学費は、国公立と私立大学で大きく異なります。6年間の学費を比較してみると、国立大学の医学部は、平均350万円で卒業できます。しかし、私大の場合は安くても2,000万円から。学費が最も高い、私大の医学部では、4,500万円を超える学費が必要です。

薬学部の学費

薬学部の学費 薬学部の場合も、他の専攻と比べて学費は高額です。例えば私大薬学部の場合、6年間の学費は、最低でも1,000万円から。最高では、2,500万円以上の費用が掛かります。

これに対して、国公立の場合は学費が安く、約350万円から400万円までに抑えられるため、一般の学生には入学やすい条件となっています。

学費以外にもハードルは高い

また学費だけで無く「偏差値の基準も高い」ため、医師になるための条件は、非常に狭き門となっています。

医学部受験は、銀行が融資する「開業医専門ローン」も利用できますが、不動産担保がなければ、融資の可決は厳しいです。仮に、日本政策金融公庫を利用した場合でも「上限額は350万円まで」と、学費のカバーは難しくなっています。

日本学生支援機構の貸付額は?

日本学生支援機構の貸付額は? 日本学生支援機構を利用する場合でも、月額12万円の費用しか出ず、学費が足りないケースがほとんどです。

しかし、医学・歯学の学科では、申請によって月額40,000円、薬学・獣医学課程では20,000円分増額して、貸与月額を受け取ることが可能です(最高・月額16万円)。

一般の審査より基準は厳しい

医学・薬学部は学費が高額になるため、通常の審査より通る確率は低くなります。また、教育ローンも審査が通りにくいため、進学の道のりは、険しいものとなっています。

しかし、大学独自の奨学金の中には(金沢医科大学のように)2,000万円近い高額な奨学金で、学生を支援する学校も見られます。

入学前に申し込みできる奨学金制度

入学前に申し込みできる奨学金制度 一部の医大では、入学前に受給資格の受けられる奨学金制度があります。連帯保証人が必要ですが、岩手医科大学や兵庫医科大学のように3,000万円から4,000万円を超える奨学金制度もあります。

採用枠が少ないですが、医大・薬学部の進学を希望される方は、これらの「借入額の多い奨学金」にチャレンジしてみてください。

▲このページの先頭へ