TOP > 奨学金とは? > 誰が利用できるの? > 高校生のための奨学金

高校生のための奨学金制度があります。成績優秀者の中で、経済的な理由で進学が難しい学生に対して、奨学金が支給されます。

地方自治体の奨学金

地方自治体の奨学金各地方自治体は、高校進学のための奨学金制度を設けています。一定の世帯収入や成績条件を満たしていれば、中学校を通して申請できます。

支給金額や申し込みの条件は、各自治体によって異なります。また、進学先の高校が私立か国公立かで、支給金額も変わってきます。

財団法人・企業からの奨学金制度

財団法人や企業の中には、給付型の奨学金で「高校生の進学」を援助する団体が存在します。中には、小学生や中学生の学習支援を目的に、独自の奨学金制度を設ける団体も見られます。

給付額は各団体によって異なりますが、給付型奨学金の場合は、卒業後の返済は必要ありません。また、貸付型奨学金の場合は、卒業後に返済を行う必要があります。

交通遺児・がん遺児を支援する奨学金制度

交通遺児・がん遺児を支援する奨学金制度両親や家族を交通事故、がんで亡くした学生に対し、進学をサポートする奨学金制度です。給付型の制度であれば、卒業後の返還は不要です。

また、がん支援奨学金の中には「18歳未満で小児がんを発症した本人」に対して、学費を給付する制度もあります。

奨学金制度の予約

高校進学後、すぐに学費のサポートを受けるには、中学校の在学中に「奨学金予約募集」を行う必要があります。まずは、中学校の担任の先生や進路担当の先生に「奨学金予約」の相談をしてみてください。

▲このページの先頭へ