奨学金を知って、上手に活用!
自分に合ったプランを探しましょう。

「奨学金」は、経済的な理由や家庭の事情で「進学が難しい方」に向け、学費の付与や貸与を行う制度です。現在、多くの学生が奨学金制度を利用して、高校や専門学校・大学・大学院・海外の学校に進学しています。
「学費が高いから」と進学を諦める前に、自分に合う奨学金制度を見つけてみましょう。

プランで選べる奨学金の種類

奨学金制度のしくみ

奨学金制度のしくみ 奨学金制度は、国や地方自治体、民間団体のほか、学校単位でも独自の奨学金制度を設けています。各奨学金の申し込み基準や審査をクリアすれば、誰でも「進学に必要な金銭的サポート」が受けられる仕組みです。
このほかにも、学生の能力に合わせた奨学金制度、交通災害遺児のための奨学金、海外留学のための給付される、特別な奨学金制度があります。

→ 詳しくは「奨学金とは?」を参照

給付方法は二種類

奨学金制度は、大きく分けて二つに分類できます。
一つ目は、貸与(たいよ)と呼ばれる給付の方法で、名前の通り「学費を借りる」奨学金制度です。二つ目は、給付(きゅうふ)と呼ばれる方法で、返済の必要がない奨学金制度です。
「貸与型」奨学金制度にも、貸し付け利息が付くもの(有利息)と、利息の付かない(無利息)型の二種類が存在します。

→ 詳しくは「奨学金の種類」を参照

奨学金を受けるには?

奨学金を受けるには? まずは、自分の目的や進路に合う奨学金を見つけましょう。各奨学金の「募集要項」を確認し、必要書類を準備してから奨学金窓口で申し込みを行ってください(注:学校単位で受け付ける奨学金制度もあります)。
制度によっては、審査のほかに面接も実施されますが、奨学金の審査に通ると、必要な学費のサポート(貸与もしくは給付)が受けられます。

→ 詳しくは「 奨学金の借り方」を参照

奨学金返還の仕方

奨学金の返還は、学校の卒業後に返済できる制度と、学業と両立して働きながら返還できる制度があります。また、給付(きゅうふ)型の奨学金であれば、返還する義務は生じません。
卒業後の返済負担を少なくしたい方は、給付型の奨学金制度を優先しましょう。また、新聞奨学生のように、給与を受けながら進学できる給付型の奨学金制度」も利用できます。

→ 詳しくは「 奨学金の返済方法」を参照

▲このページの先頭へ