TOP > 奨学金とは? > 奨学金のメリット・デメリット

私たちの進学をサポートしてくれる奨学金制度ですが、ここでは、奨学金の「メリットとデメリット」について説明します。

奨学金のメリットとは?

奨学金のメリットとは?奨学金の良いところは、経済的に困窮している学生でも、進学を諦めず、学費のサポートが受けられるという点です。大学や大学院だけでなく、専門学校や高校生の進学をサポートする制度も存在します。

また、奨学金は「社会的に認められた」制度として認知されています。他のローンと比べて金利も低く、返済の負担も少なく済ませられます。

もちろん、付与型の奨学金であれば、学費の全額支給が受けられ、卒業後の返済義務はありません。

このほか、新聞奨学生のように働きながら、学校に通える奨学金制度があり、経済的な問題を無くして、学業に専念できます。

奨学金のデメリットとは?

奨学金のデメリットとは?日本学生支援機構や貸与型の奨学金は、卒業後「長期間の返済」が待っているため、経済的負担のある制度です。私学など、学費の高い学校では「大きな借金を背負って、卒業後働くのが辛い」と、こぼす学生もみられます。

また、無利息型や給付型の奨学金は「申請する学生の数が多い」ため、希望する奨学金が利用できない可能性も高いです。特に、募集枠の少ない奨学金制度は、審査の難易度も高くなっているので、注意が必要です。

デメリットを無くすには?

デメリットを無くすには?デメリット無く進学するには、卒業後の「経済的負担の少ない奨学金」を見つけることです。働きながら利用できる奨学金を見つけるか、無利子の奨学金、もしくは「返済義務の無い」給付型の奨学金を利用しましょう。

奨学金審査に自信の無い方は、新聞奨学生制度のように「働きながら稼げる奨学金」を利用してください。ここでは卒業後の返済負担もなく、給与も受け取れるため、経済的な自立も叶えられます。

▲このページの先頭へ