TOP > 奨学金の種類 > 稼ぐ「奨学金」

稼ぐ「奨学金」とは、特定の仕事で収入を得ながら、進学する奨学金を指します。具体的には、どのような制度や方法を指すのでしょうか? ここで、簡単に説明しましょう。

稼ぐ奨学金とは?

稼ぐ奨学金とは?稼ぐ奨学金とは、働きながら奨学金を活用し、学校に進学する方法を指します。稼ぐ奨学金は、借りる奨学金のように「返済負担」を負う心配がありません。このため、経済的理由で進学が難しい学生には「うれしい奨学金」と言えます。

どのような方法で稼ぐのか?

稼ぐ奨学金は、大きく分けて次の種類に分類できます。

・ 新聞奨学生(働きながら通う) ・ アルバイトで稼ぐ ・ インターネットで稼ぐ

この中で最も「経済的負担が少ない」のは、新聞奨学生の奨学金制度です。大手新聞社の多くは、それぞれ独自の奨学金制度を設けています。新聞奨学生は、進学前に申し込みができ、進学後は新聞配達の仕事に就くことで、奨学金制度が利用できます。

新聞奨学生は、学費や入学費だけではありません。毎月、新聞配達を通して安定した収入が得られます。各新聞社の制度によって支給額は異なりますが、1カ月10万円や15万円の給与のほか、一部では住居(個室)や食事の支給もあります。

新聞奨学生制度を利用すれば、家計の負担無く、希望する学校に通えるので安心です。

新聞奨学会の詳しい内容を比べてみよう!
・朝日 ・毎日 ・読売 ・日経 ・産経 ・朝日大阪 ・産経大阪

稼ぐ奨学金のメリット

稼ぐ奨学金のメリット稼ぐ奨学金のメリットは、卒業後に返還の負担がない点にあります。利用者の多い、日本学生支援機構の奨学金やその他、貸与型の奨学金は、卒業後に返還する義務(負債)を負うことになります。

しかし、稼ぐ奨学金には「返還の義務」はなく、卒業後は安心して、新生活がスタートできます。

▲このページの先頭へ