TOP > 奨学金の借り方 > 奨学金の利息について(3)

ここでは、働きながら返せる奨学金制度の利息と、給付型奨学金の利息について、詳しく説明します。

働きながら返還できる奨学金制度とは?

経済的な問題を抱えている場合でも、以下の方法で「進学の希望」を叶えることができます。

・ 夜間学校への進学 ・ 通信制学校への進学 ・ アルバイトなどで生計を立てて進学 ・ 新聞奨学生制度を利用した進学

働きながら返還できる奨学金制度とは? これらの方法は「働きながら通学する」ため、原則として、卒業後の返還義務や、奨学金の利息は発生しません。大学や専門学校の中には、夜間通える教育機関があります。日中仕事を行い、学校に通える仕組みです。

また、奨学金を受けながら、通信制学校のプログラムも受講できます。年に数回、スクーリング(学内での講義)に参加する必要がありますが、自宅にいながら、大学卒業資格が取得できる便利な仕組みです。

このほか、アルバイトで生計を立てながら大学に進学する方法や、新聞社の経済的サポートを受けながら通学できる「新聞奨学生制度」が利用できます。

新聞奨学金の制度

新聞奨学生制度は、販売店の作業や配達に従事することで、学費のほか、毎月の給与や住宅補助などが受けられる「学生のための進学支援制度」です。経済的な負担を無くして勉学に励みたい方は、新聞奨学生制度などのサポートを受けて、進学の夢を叶えましょう。

給付型奨学金の利息は?

給付型奨学金の利息は?学校独自の奨学金制度や民間団体の奨学金の中には、返還義務のない「給付型の奨学金制度」があります。

また、海外への留学生を支援する国費留学制度や、政府による「奨励給付金制度」の多くは、給付型の留学支援制度(奨学金)となっています。卒業後や帰国後の返還義務は一切ありません。

経済的理由で進学や海外留学を諦める前に、給付型の奨学金が受けられるかどうか確認し、条件が合えば、奨学生として応募にチャレンジしてみましょう。

▲このページの先頭へ